特報&ティザーポスター&追加キャスト解禁!原作者と監督からのコメントも到着!

投稿日: カテゴリー インフォメーション

この度、主演二人の美の共演が光る、本作のティザービジュアル&特報が完成しました!

ティザービジュアルでは、「恋じゃない。けど―友達より、トクベツ」というキャッチコピーと、二人の照れ微笑む柔らかい表情から、幼なじみ同士の淡い初恋の気配を感じることができます。

特報映像では、弱気で泣き虫のハルタと、気が強くて負けず嫌いなチカという、性格が正反対の幼なじみ二人が成長していく姿を映しだします。 “トクベツ″な存在としてお互いを意識する気持ちが、映像の中で重なり合う二人の声と一緒になって伝わってくる特報映像です。

特報映像はこちらからご覧いただけます。

 

さらに、追加キャストとして小出恵介の出演情報を解禁!
小出が演じるのは、かつて将来を嘱望された指揮者という過去をもちながら、ハルタとチカが通う清水北高校に音楽教師として赴任し、吹奏楽部の顧問となる草壁信二郎。
吹奏楽部生徒に負けず、小出も今回プロの指導のもと指揮の特訓をしてきました。その成果が伝わる、凛とした表情を見せコンクールでタクトを振る草壁先生の劇中場面写真も解禁となりました。

%e3%80%90%e3%83%ac%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%81%e6%b8%88%e3%80%91160510haruchika6d2-9562

 

また、大人気小説をこの度オリジナルストーリーで実写映画化するにあたり、原作者・初野晴と、市井昌秀監督からのコメントも到着しました。

【原作者:初野晴】
高校生を題材にした小説を書くとき、ノスタルジーと成長以外の何があるのかを意識して書きます。それを踏まえたうえで、市井監督との初顔合わせのとき、「ハルタとチカと草壁先生が出ていれば何をやってもいいです。その代わり原作者と原作のファンに映画の尺に合った完全新作を見せてください」とお願いしました。
劇場版では原作になかったチカの挫折とリカバーが描かれます。そのリカバーに映画ならではの面白さが詰まっています。監督の作家性が色濃く出ているシーンも多々あり、スクリーンに登場する高校生たちは地面から数ミリ浮遊して生きていました。完全新作のハルチカ、ご期待ください。

【脚本・監督:市井昌秀】
原作がもつ数ある魅力的な要素から、<心に痛みを持つ人たちがそれぞれの居場所を取り戻す>という要素に焦点を当てることで登場人物を丁寧に描き、吹奏楽のもつ意味を重ねながら、オリジナルストーリーとして生まれ変わらせました。もう一つの「ハルチカ」が一人でも多くの皆様の心に届くことを切に願っております。